So-net無料ブログ作成
検索選択

今日も元気で ♬ 良い一日でありますように ♬

   

今日は交差点での事故について [一時停止規制]

 

 第2回「一時停止規制について」



停止線はなぜ見通しの利かない所に引いてあるんでしょう?

見通しが利く所まで出て停止したら、

運転席より前の車両の先端が、道路にはみ出してしまうからなんです。

もし右からの走行車両が直前にいたら、出合い頭衝突になってしまうから…



一時停止もちゃんとして、発進したのに

道路を渡り終える寸前で後部に衝突された…

避けようが無いじゃないか!



 

 

 

 

 

そうです、気持ちは解りますが貴方の過失が大きくて80%程になります。



右から来る車両が見えたが充分距離がある大丈夫!と思って直進したが、

前方不注意の相手車両が気付くのが遅れ衝突して来たというケースですが、

如何いう事かと言いますと、



一時停止規制の範囲は次の通りなんです。


「停止線で一時停止した後、徐行で(人が歩く速度:時速5km位)左右が見える所まで進出し、

安全確認後直進車の進行を妨げないよう、事故を起こさない様にして通過しなさい。」如何ですか?

事故を起こしたら一時停止の標識の有る側が断然不利になる事が解ります!



見通しの悪い交差点で、一時停止を見通しの利く所まで出てから、やっていませんか?

一時停止線は我慢の試練です、見えないところで停まって

ソロソロ出て行けば右から来る車両も「おっ!車が出て来ようとしているナ!」

と、気付かせる、それが目的なんです…



急いでいる時これをやる胆力を鍛えて安全運転でいきましょー。



(次回は人身事故についてお喋り予定です。)

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

明日も元気で ♬ 頑張って行きましょう ♬

広告スペース
Copyright © 自動車保険と交通事故 よろず相談コーナー All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。